うちなー企業未来塾

ラジオ沖縄

最終回「78歳、まだまだ夢がいっぱいで…」

放送時間 毎週日曜日 朝10時~10時15分


メディアフラッグ代表の福井康夫が、自身の経験をもとに、
沖縄県内企業の皆様とのお話を通じて、
うちなー企業の魅力・可能性を発見し、
沖縄経済の明るい未来を一緒に考える「うちなー企業応援番組」

ゲスト 株式会社エーデルワイス 代表取締役会長 比屋根 毅 さん 


藤木勇人のヤマトde沖縄タイム

ラジオ沖縄

(終)2021年9月20日 第571回目の放送分です

9月20日 第571回
2010年10月よりスタートしたこの番組。沖縄は益々ヤマトで元気です。
オキナワンドリーム
ゲストは、ミュージカル女優の屋比久知奈さんの人生について伺います。

今回の放送をもちまして、番組は終了となりました。
長い間のご愛顧ありがとうございました。


沖縄羅針盤

ラジオ沖縄

伊波貢(いは・みつぐ)さん 【ブルームーンパートナーズ株式会社代表取締役CEO】(後編)

沖縄羅針盤
毎週日曜日 午後4時半~5時 放送中
5月15日放送分

今週のコーラルラウンジは、先週に引き続き、ブルームーンパートナーズ株式会社代表取締役CEOの伊波貢(いは・みつぐ)さんとラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんのおしゃべりです。

伊波さんは1967年生まれ。読谷村のご出身です。

琉球大学経済学科を卒業。株式会社コスモ証券経済研究所を経て、1996年に株式会社沖縄海邦銀行へ。その後、株式会社海邦総研の設立に携わり、設立とともに取締役経営企画部長に就任しました。

2014年に独立し、2015年に現在のブルームーンパートナーズ株式会社代表取締役CEOに就任。県内初の証券アナリストとして活躍しています。


方言ニュース

ラジオ沖縄

開館7年50万人来館

2022年5月10日(火)放送分

担当は宮城葉子さんです。

琉球新報の記事から紹介します。

恩納村文化情報センターの来館者が
先月20日に50万人を達成しました。
記念すべき50万人目は東京から来た
大野敬二さん73歳で、午後1時半すぎ、
大野さんが玄関に置かれた消毒液、
体温測定を終えると、
待ち構えていた恩納村の長浜善巳村長や
宮城利旭館長とスタッフらが
「おめでとうございます」と出迎えました。

大野さんは一瞬驚いた様子を見せましたが、
記念を祝うくす玉が割られ、
長浜村長から入館50万人認定証と
記念品が贈られ、隣接するおんなの駅からも
記念品が贈られました。

恩納村山田に住む娘に会いに2日前に
恩納村に来たという大野さんは
「驚いた、驚いた!73年生きてきて、
こんな出来事は初めてです。
ありがとうございます」
と嬉しそうに喜びました。

宮城館長は
「3日後に7歳となるめでたい時に
来館50万人目を迎えました。
おめでとうございます。
次は100万人目を目指して頑張りたいと思います」
とあいさつしました。

その後、参加者全員はくす玉の下で
記念撮影しましが、その際、村役場で飼っている
恩納村の友好都市、長野県川上村から贈られた
川上犬のレタ助も一緒に写真に収まりました。


チャットステーションL

ラジオ沖縄

ミーカガン、遺産登録への支援を要請

 方言ニュース   2020年10月7日(水)
きょうの担当は上地和夫さんです。
琉球新報の記事から紹介します。

當銘真栄糸満市長はこのほど、文部科学省に鰐淵洋子政務官を訪ね、
市指定民族文化財の「水中眼鏡=ミーカガン及び製作具一式」の国重要有形民俗文化財指定と、
市指定史跡の南山城跡の国史跡指定、世界文化遺産登録への支援を要請しました。
當銘市長らによると鰐淵政務官は「糸満市の漁労具一式として国指定を目指してはどうか。全力で応援する」と応じたということです。
當銘市長は要請で「およそ130年前に糸満市で考案されたミーカガンは現在、世界中で使用されている競泳用のゴーグルと
ほぼ同じ型で、当時から高い機能性とデザイン性を備えていたことがうかがえる」と文化的価値を強調しました。
要請後には「来年は市制50周年を迎えるので、それに合わせて指定してもらいたい」と期待感を示しました。
NPO法人ハマスーキが保有するミーカガンと製作具一式は去年、市の民俗文化財に指定されました。
ほかにもハマスーキには、漁網やサバになど沖縄の漁業の歴史を語る上で重要な漁具資料が保管されているということです。
南山城跡は市が国指定に向けて2010年度から国庫補助事業で
測量調査を進めており、14世紀から15世紀頃の中国陶磁器が多く確認されています。
                   


GO!GO!ダウンタウン

ラジオ沖縄

Walter Voit on Adaptive 3D and Microarchitecture Innovation

Adaptive 3D is an innovative company that partnered with Desktop Metal and UT Dallas. Walter Voit discusses the innovation behind microarchitecture within material manufacturing and how partnerships in Richardson, Texas, have created a thriving innovation ecosystem. Innovating 3D Printing and University Research At Adaptive 3D, Walter focuses on using 3D printing to produce additive materials. […]


赤瓦ちょーびんのぐぶりーさびら

ラジオ沖縄

年中行事の話

赤瓦ちょーびんのぐぶりーさびら 
毎週日曜日 午前9時~9時30分 放送中
5月15日放送分
フリーのガイドで
元沖縄観光コンベンションビューローの
歴史文化コーディネーターを務める赤瓦ちょーびんが
独特の語り口で沖縄の歴史、文化、民俗についてご紹介します。
今回は、『年中行事の話』
を、お送りします。
「沖縄のなーんだ」の、コーナーでは、
『豆腐』を、
お送りします。
学問どぅ、やいびーくとぅぐぶりーさびらのコーナーは、
『神人の話』
を、お送りします。

赤瓦ちょーびんホームページ始めました。

https://沖縄歴史観光.com
番組同様、歴史 風俗 イベント等 満載です。
赤瓦ちょーびんの 画像も ありますよ。
ちょーびんへの 質問コーナーも
随時 募集中です。
お待ちしています。
番組へのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで
aka@rokinawa.co.jp


ティーサージ・パラダイス(2017年3月31日まで)

ラジオ沖縄

「洗濯物以外のモノが洗濯機から出て来たこと、ありますか?」

4月6日(水)のアンケー島
「洗濯物以外のモノが洗濯機から出て来たこと、ありますか?」
A「はい。あります」  94%
B「いいえ。ありません」 6%
ティーサージ的沖縄の普通はAでした!